おならがクサい!臭いのキツイおならが出てしまう原因と対処法

「前よりもおならがクサくなったような気がする……」
「最近おならがよく出るけど、もしかして何かの病気?」

 

おならに関するこんなお悩みをお持ちではありませんか?

周囲に不快な臭いをまき散らしてしまうおならは非常にデリケートな問題で、なかなか人に相談することもできませんよね。

 

今回は、おならが出る原因や、おならがクサくなってしまう理由、対処法に至るまで、幅広く紹介します。

 

おならが出る原因は?

イモ類のイメージ画像

おならが出てしまうのには、さまざまな原因があります。

 

まず、よくあるのがイモ類や豆類を食べた時に起こるおなら。イモ類や豆類など、繊維質を多く含む食品は腸内ガスを発生させやすいという働きがあります。焼き芋などを食べておならが出てしまうのも、これが原因です。

 

また、おならは便秘によっても引き起こされます。長いあいだ排泄が起こらず、便やガスが腸内に留まっている状況が続くと、少しでもガスを放出しようと、おならの回数が増えてしまうのです。

 

その他、精神的なストレスが原因でおならが出ることもあります。たとえば、緊張している時などは、よくツバを飲み込んでしまいますよね。この時、実はツバと一緒に空気も飲み込んでしまっているのです。それによって腸内にガスが溜まり、結果としておならが出てしまいます。

 

おならがクサくなってしまうのはどうして?

おならをする人のイメージ画像

ひとくちにおならといっても、臭いのあるものからないものまで、さまざまなおならがありますよね。

 

あまり臭いの感じられないおならなら本人としてもさほど気になりませんが、臭いが強く、クサいおならがよく出てしまうといった場合は困りもの。

 

クサいおならがよく出てしまうのは、腸内で悪玉菌が増えてしまうことが原因です。

 

悪玉菌とは、脂質やタンパク質といった栄養をエサにどんどん増殖していく菌のこと。悪玉菌は腸内を腐敗させ、アンモニアスカトールというクサい臭いを発生させてしまう厄介な存在です。

 

よく、「肉類を食べるとおならがクサくなる」といいますが、これは肉類が悪玉菌にとって最高の好物であることが理由です。肉類は脂質・タンパク質の塊であるため、悪玉菌はそれにエサに、どんどん繁殖してしまいます

「じゃあ肉類をひかえれば大丈夫なの?」と思われるかもしれませんが、一概にそうとも言い切れません。というのも、クサいおならは便秘によっても引き起こされるからです。

 

便秘になると、腸内で便の成分が腐敗します。するとそこにも悪玉菌が発生してしまうため、結果としてクサいおならが出るようになってしまうのです。

 

クサいおならの対処法

腸内環境を整える食事のイメージ画像

おならは自分でコントロールすることもなかなか難しい生理現象ですが、ある程度なら事前に対策を取ることが可能です。有効な対処法を身に着け、おならの数を少しでも減らせるよう努めていきましょう。

肉類はできるだけひかえる

肉類は、クサいおならが出る大きな原因となってしまいます。もちろん適度に食べるぶんにはかまいませんが、週に何度も食べたり、1日のうちに過剰摂取したりしないよう気を付けましょう

 

また、ニンニクなどの食品もおならをクサくする原因になります。こちらもあわせて注意してください。

腸内環境を整える

腸内環境が整っていれば、クサいおならが出ることもあまりありません。

 

腸内環境を整えるには、こまめに水分補給したり、食物繊維を積極的に摂取したりすることが大切です。

 

事前の対策でおならフリーな毎日を

おならは、腸内の環境が乱れ、悪玉菌が増えることによってクサくなってしまいます。

 

おならの悪臭を防ぐためにも、肉類の過剰摂取をひかえたり、腸内環境に気を配ったりすることが重要です。事前の対策をしっかり行い、クサいおならに悩まされない毎日を送りましょう。

 

体臭・口臭にお悩みの方におすすめの体臭サプリ
おすすめの記事