男くさい

若い頃は体臭なんて特に気にしてなかった男性も、30代、40代と中年にさしかかってくると「自分もオヤジ臭くなってないかな…」と不安になってきますよね。

「加齢臭」は年齢を重ねれば、男女関係なく発せられているものです。しかしなぜか「加齢臭=オヤジ臭い」という男性のものというイメージが強くなってますよね。

本記事では、男性の加齢臭に対する不安と悩みを解決すべく「男性の方が加齢臭を強く感じてしまう原因」と「加齢臭の対策」についてまとめてあります。

 

関連記事:体臭がきつい人の特徴は?【原因と改善方法について】

関連記事:【男女OK】体臭サプリのおすすめ人気ランキング10選【おなら・口臭・足のケアにも効果的!】

【加齢臭の原因】男性の方がニオうのはなぜ?

こちらでは加齢臭の原因とともに、なぜ男性の方が加齢臭が臭ってしまうのかを解説していきます。

加齢臭の原因

加齢臭は「ノネナール」という物質が原因となります。ノネナールは皮脂に含まれる脂肪酸の一種「9-ヘキサデセン酸」が皮膚上で酸化されることによって生成されます。

臭いとしては「古本のような臭い」「ロウソクのような臭い」と表現されることが多いです。

ノネナールは酸化を抑制する力が衰えてくる40代を境に急増してきます。20代、30代と若年層にはほとんど検出されず、中年以降に多く検出されるために「加齢臭」と名付けられたんですね。

加齢臭はどこからにおう?

加齢臭が主に発せられる部位は、頭、顔、胸、ワキ、背中と上半身が中心となります。その理由は、その部位に皮脂腺が多く分泌されているからです。

頭頂部、後頭部から首筋、ワキは特に皮脂腺が多いので注意が必要です。

加齢臭はなぜ男性の方が強くニオうのか?

加齢臭の原因は皮脂の酸化にあるのですが、男性の方が体質的に皮脂を分泌しやすいというのがまず一つ挙げられます。

また、女性ホルモンには抗酸化作用があり、脂肪酸(9-ヘキサデセン酸)の酸化、分解が抑えられるために女性の方が加齢臭を発しづらいとも言われています。

男性は女性より加齢臭に対する対策が必要になるということですね。

加齢臭自体はそんなにキツイ臭いではない?

おじいちゃん、おばあちゃん家のニオイを思い出してください。あの独特の懐かしいニオイが加齢臭であり、人によって好き嫌いはあるでしょうが、決してキツイ臭いではないですよね。

「加齢臭」に加えて「汗臭」や次の項で説明する「ミドル脂臭」など複数の要素が入り混じって、不快な体臭を生んでしまうのです。

加齢臭だけにとらわれず、年齢、性別によって体臭の原因と対策は変わってくるのですね。

 

関連記事:旦那の加齢臭を改善!日用品や食生活の見直しが臭いを治すカギ

【30〜40代男性の体臭】これって加齢臭なの?

30代〜40代(特に男性)にかけて体臭がきつくなったと実感される方は多いかもしれません。年齢的に「加齢臭が始まったのかな…」と思われるかもしれません。

しかし、加齢臭(ノネナール)は基本的にきつい臭いではありませんし、40代以降からノネナールが増えるといっても本格的に加齢臭として強く臭ってくるのは50代以降と言われています。

 

では、30代〜40代のきつい体臭ってなんなのでしょうか?

その答えは「ミドル脂臭」になります。ミドル脂臭は「ジアセチル」という物質が原因で、加齢臭とは比較にならないきつい体臭を発します。

「ミドル脂臭」「加齢臭」とともに体の酸化が原因となります。その対策については次の項で詳しく説明していきますが、「ミドル脂臭」は主に頭頂部から後頭部、首の後ろから発せられます。

30代〜40代で最近体臭がきつくなってきたなと感じる方は、生活習慣の改善と、頭と首をしっかりと洗うように気をつけましょう。

体臭をチェックするには?

自分の体臭は自分ではわからないですよね。友達、会社の同僚はもちろん、家族であってもなかなか指摘してもらえるものではありません。

「体臭チェッカー」を使えば、自分の体臭の強さを数字で表示してくれます。商品によっては「加齢臭」「ミドル脂臭」などの種類も判別してくれるものもあります。

自分の臭いが確認できると、対策もできるし安心ですよね。

 

「体臭チェッカー」についてはこちらの記事で詳しく説明していますので合わせてぜひご覧ください。

 

関連記事:【体臭チェッカーって何?】商品比較とおすすめも紹介します!

加齢臭の対策を紹介!

加齢臭の原因は皮脂の酸化だということはすでに述べました。その原因を考慮して、加齢臭の対策を紹介していきます。

 

【加齢臭の対策】

  • 皮脂をしっかり洗い流す
  • こまめに汗を拭く
  • 衣服を清潔に保つ
  • 生活習慣の見直し(体の酸化を防ぐ)

 

以下で細かく見ていきましょう。

皮脂をしっかりと洗い流す

加齢臭の原因である「ノネナール」をしっかりと洗い流すことが対策としてまず挙げられます。特に皮脂腺の多い、上半身(頭、首、胸、背中、ワキ)は丁寧に洗うようにしましょう。

シャワーで済ませてしまうという方も多いと思いますが、しっかりと入浴することによってより効率良く皮脂を落とすことができます。また、湯船に浸かって汗をかくことにより汗腺にたまった老廃物を排出しやすくもなります。

加齢臭が気になるという方は、夜の入浴に加えて朝もシャワーで軽く皮脂を洗い流すことをお勧めします。また、普通の石鹸だけではなく、殺菌作用のある薬用石鹸を使えばより効果的にノネナールを除去できます。

 

デオシーク公式サイトを見る

デオシーク

汗をこまめに拭く

汗は分泌されてすぐは無臭なのですが、かいたまま放置しておくと皮膚の常在菌に分解され、その時に発生するガスが悪臭の原因となるのです。

汗をかいたら、放置せずにタオルやデオドラント製品でこまめに拭くように気をつけましょう。皮脂の分解は1時間で始まると言われていますので、汗をかいたらなるべく1時間以内に拭きとるようにするとなお効果的です。

衣服を清潔に保つ

衣服も臭いの原因となります。洗濯、クリーニングで常に清潔に保っておくことを心がけましょう。

しかし、洗濯をし、太陽の下でしっかりと乾かしたからといって、それですべての原因物質を除去できているとは限りません。何度も着て古くなっている下着などは特に臭いの原因物質がたまっている可能性もあります。

愛着がある服もあるかもしれませんが、体臭対策としては衣服は古くなったら新しいものにこまめに買い換えることをお勧めします。

 

関連記事:何度洗っても臭い!汗臭い衣類をキレイに洗濯する方法とは?

日常生活の改善

加齢臭の対策としては「肌や衣類を清潔に保つこと」と共に「体の酸化を防ぐ」ことも大切となってきます。生活習慣で何を改善していけば良いのかを見ていきましょう。

食事

肉類、揚げ物など脂っこいものばかり食べていると、ノネナールの分泌が増加してしまいます。野菜もしっかり食べバランスのとれた食事を心がけましょう。

運動

ウォーキングやジョギング、水泳といった軽い有酸素運動で代謝機能を高めることにより、体の酸化を抑制することができます。適度に汗をかくことにより、汗腺の機能を高めることもできます。

ただ、息が上がるような激しい運動をしてしまうと活性酸素が逆に増えてしまいますので注意が必要です。

タバコ

喫煙は、体内に活性酸素が発生してしまう原因になります。また口臭や衣類、頭髪についたタバコの臭いも体臭の原因となります。

タバコ一本だけでも、体の抗酸化作用を高めてくれるビタミンCをレモン1個分破壊してしまうと言われています。体臭を気にされる方は禁煙をオススメします。

まとめ

  • 加齢臭は皮脂が酸化されることによって発生する「ノネナール」が原因物質である。
  • 男性の方が皮脂の分泌量が多いために加齢臭を発しやすい。
  • 30代〜40代男性のきつい体臭の原因は「ミドル脂臭」である。
  • 加齢臭の対策として「肌、衣類を清潔に保つこと」「生活習慣の改善で酸化機能を高めること」があげられる。

 

加齢臭だけではなく、様々な体臭の要素が絡んだ結果が「オヤジ臭さ」となります。

男性の方は特に当サイトにて「どういう体臭があるのか?」と「体臭の対策」をしっかりと頭に入れておくことをオススメします。

 

関連記事:体臭の原因として考えられる病気は?【見分け方と対処方法】

関連記事:体臭を抑えるサプリ『臭ピタッ』の口コミはいかに!?臭いは本当に消えるのか徹底調査してみました。

体臭・口臭にお悩みの方におすすめの体臭サプリ
おすすめの記事