【靴を脱ぐときに気になる】足の臭い対策はこれを読めばバッチリ!

足の臭い対策に関しては「人前では靴を脱ぐことはないから大丈夫」と気を抜いてはいませんか?

足は一日中靴をはいているためにクサイ臭いが発生しやすい環境になっています。もし、上司との飲み、仕事での接待、恋人とのデートなど座敷で靴を脱がないといけなくなったら…。

強烈な足の臭いを発生させていたらそれだけで信用を失いますよね。

こちらの記事ではそんなことにならないよう「足の臭いの原因」と「足の臭い対策」についてまとめています。

 

足の臭いがに気になるあなたへ

足の臭いを今すぐチェック!

足の臭いの原因は?

足の臭いの主な原因物質は「イソ吉草酸」と「酢酸」の2種類になります。

「イソ吉草酸」は足にもともと住んでいる菌が、皮脂や古い角質を分解した時に発生します。

イソ吉草酸は納豆にも含まれているだけあって、確かに足の臭いって納豆の臭いにも似ている気はしますよね。

「酢酸」は汗が足の菌に分解されることによって発生します。こちらは「酢」という字が入っていることからわかるように、「酸っぱい臭い」になります。

 

足はこんなにも汗をかいている!

足は「エクリン腺」と呼ばれる汗腺が多く存在し、1日200mlの汗をかいていると言われています。

そう…、コップ一杯分だと言えばイメージしやすいでしょうか。それだけ足は汗をかきやすいのです。

足の臭いはメンタルの影響もある?

「手に汗を握る」という表現があるように、緊張したりストレスを感じたりすると手にじんわりと汗をかきますよね。

このような症状は「精神性発汗」と呼ばれるのですが、実は手だけではなく足の汗の量も増えているのです。

汗が増えるほど、それ自体が臭いの原因物質にもなりますし、汗で靴の中がむれることにより、臭いの原因菌の繁殖には好都合な環境を作ってしまいます。

ストレス、緊張状態といったメンタルの部分も足の臭いに影響を与えてしまうのです。

 

足の臭い対策を紹介!

前項にて「足にいる菌が汗、皮脂、角質を分解した時に発生する物質」が足の臭いの原因だと述べました。これを元にどう対策を立てていけば良いかを見ていきましょう。

 

  • 足を清潔にする→菌を減らす。皮脂、角質といった菌のエサになるものを残さない
  • 靴や靴下を清潔にする→菌が繁殖する環境を作らない
  • リラックスする→ストレスを溜め込まない

 

では、以下で詳しく解説していきます。

 

足を清潔にしましょう

まず足の臭い対策として、足自体を清潔にすることがあげられます。

お風呂にて、皮脂や古くなった角質をしっかりと洗い流しましょう。石鹸を泡立てて、指の間まで丁寧に洗うのがポイントです。

重曹水、薬用石鹸を使うとより安心です

湯にしっかりと浸かる方がより汚れを落としやすいのですが、それが難しい方は足だけでも洗面器に湯を張って足湯にすると良いでしょう。

その際、重曹をスプーン2、3杯入れた「重曹水」を使うとより効果的に足の臭いの原因である「イソ吉草酸」を除去することができます。

また、足の臭いの原因は「菌」になりますので、洗う際には普通の石鹸ではなく「薬用石鹸」を使用するとより足の臭い対策として効果的です。

爪も清潔にしましょう

足の臭いとして見落としがちなのが「足の爪」です。足の爪の間にもやはり汚れがたまって臭いの原因となりやすいので、こまめに切って短くしておくことをオススメします。

靴、靴下も清潔にしましょう

足自体を清潔に保っていても、靴や靴下が臭っていたら意味がなくなりますよね。

靴に関しては、お気に入りの物もあるかもしれませんが、なるべく連続で同じ靴をはかないようにしましょう。可能であれば1回履いたら2日置くのが理想です。湿気は臭いの原因になりますので、風通しが良い場所に干して乾燥させるようにしましょう。

靴下は通気性、吸水性が良い素材を使うと臭いが付きづらくなります。もし足の臭いが気になるようでしたら、1日同じものを履き続けるのではなく、例えばお昼休みに靴下を履き替かえるなどするとより安心です。

ストレスをためないように気をつける

緊張状態やストレスが続くと足の発汗量が増加します。

「最近疲れてるかな…」と感じたら、しっかりと入浴、睡眠をとってリラックスできる時間を作り、ストレスをなるべくためないように気をつけましょう。

足の臭い…、もしかして病気かも?

足の臭いの原因が生理的ではないものもあります。

 

  • 水虫
  • 足蹠多汗症

 

もし、指の間や足の裏の皮膚に「じゅくじゅくする」「ふやける」といった症状が出たり、かゆみが出たりすると「水虫」の可能性があります。

また、運動や気温、精神状態に関係なく、常に足がむれている状態になっている場合は「足蹠多汗症」の可能性もあります。

これらの症状は自分ではなかなか処理ができるものではないので、心当たりがある方は皮膚科を受診して専門医に診てもらうことをオススメします。

 

まとめ:足の臭い対策も怠らないように!

  • 足の臭いの原因物質は「イソ吉草酸」と「酢酸」である。
  • ストレスも足の臭いの原因となる
  • 足の臭い対策は、足を清潔にすることはもちろん、靴、靴下にも気をつける必要がある
  • 足の臭いとともに、かゆみがあったり、異常に足がむれる場合は皮膚科で診てもらうことをオススメする

 

足の臭いは「人前で靴を脱ぐことはないから大丈夫」と油断しやすいがためにケアを怠り、きつい臭いにつながりやすい部位になります。

こちらの記事を参考に、足の臭い対策もしっかりと行っておくようにしましょう。

体臭・口臭にお悩みの方におすすめの体臭サプリ
おすすめの記事