何度洗っても臭い!汗臭い衣類をキレイに洗濯する方法とは?

「何度洗濯しても服が汗臭い……」

 

それは、衣類に染みこんだ菌の存在が原因です。

菌が衣類に棲みついている限り、どれだけ洗濯を重ねても、なかなか汗臭さはとれません。

 

そこで今回は、汗臭い衣類を綺麗に洗濯する方法について紹介します。しつこく汗の臭いが残る理由についても、しっかり見ていきましょう。

 

何度洗濯しても汗臭い……原因は?

菌のイメージ画像

どれだけ洗ってもなかなか汗臭さが落ちないと、本当に困ってしまいますよね。そのたびに衣類を買い直していてはコストもかかってしまいますし、効率的ではありません。

 

衣類を洗濯しても汗臭さが残ってしまう原因は、にあります。

 

洗濯をするとなると、いちど洗濯機にかけてしまえば安心と思いがちですが、実は洗濯機に入れただけでは、衣類の繊維まで洗うことができないのです。

 

そのため、洗濯機にかけた後でも、衣類には少量の汗や皮脂が残っています。菌は汗や皮脂などが大好物であるため、これをエサにどんどん増殖してしまいます

 

洗濯を繰り返してもなかなか臭いが落ちない原因は、増え続ける菌にあったのです。

 

汗臭い衣類をキレイに洗濯する方法

清潔な洗濯物のイメージ画像

「菌が衣類にこびりついてしまっている以上、さすがにもうキレイにならないのでは?」と考えてしまいますよね。

 

しかし、洗濯の際にちょっとした工夫を施したり、洗剤をいつも使っているものと変えたりするだけで、イヤな汗臭さを除去することができるのです。

 

詳しい洗濯方法について、順番に見ていきましょう。

 

洗濯する前に衣類を酸素系漂白剤に浸け置きしておく

汗臭い衣類はいきなり洗濯機に入れるのではなく、まずは酸素系漂白剤に浸しておきましょう。

 

酸素系漂白剤には、衣類にこびりついた皮脂を溶かしてくれる効果があります。そのため、洗濯機に入れる前に酸素系漂白剤に衣類を浸け置きしておくと、いざ洗濯する際に、皮脂が落ちやすくなるのです。

弱アルカリ性の洗剤を使用する

しつこい臭いのする衣類には、弱アルカリ性洗剤の使用がおすすめです。

 

衣類から漂う汗臭さは、繊維に染みついた汗や皮脂、垢などが原因です。これらはすべて弱酸性の成分であるため、同じく弱酸性の洗剤を使ったところで、汚れを洗い流す効果は期待できません。

 

そこで活用したいのが、弱アルカリ性の洗剤です。弱アルカリ性の洗剤なら、汗や皮脂などといった汚れを浮かし、キレイに洗い流してくれます

衣類を煮沸する

どうしても汗臭さが落ちない!といった場合には、衣類を煮沸してみるのもよい方法です。

 

菌は熱に弱いため、高温のお湯で煮沸すれば、ほとんどの菌が死滅します

 

煮沸する際は、衣類を大き目な鍋に入れ、お湯をぐらぐらと煮立たせましょう。お湯に浸けている時間が長ければ長いほど、殺菌効果が期待できます。

洗濯機の中を掃除する

どれだけ衣類から菌を取り除いても、そもそも洗濯機に菌が繁殖していては意味がありません。衣類をキレイに洗濯するためにも、洗濯機の掃除はこまめに行いましょう

 

ホームセンターなどで洗濯機用の洗剤を購入し、定期的に掃除してみてください。

 

洗濯前のひと工夫で衣類の汗臭さを除去しよう

どれだけ洗濯をしてもしつこい汗臭さが残る場合、衣類の繊維に菌が棲みついていることが考えられます。菌は繊維にこびりついた汗や皮脂をエサにどんどん増殖し、イヤな臭いの元となってしまいます。

 

衣類を洗濯してキレイにするためにも、洗濯の際にちょっとしたひと工夫を心がけてみてください。洗濯機に入れる前に、衣類を酸素系漂白剤に浸け置きする、煮沸する、洗剤を弱アルカリ性にする、そもそも洗濯機を掃除するなど、いろいろな方法が挙げられます。

 

正しい洗濯方法で衣類をキレイに洗い、しつこい汗臭さから解放されましょう。

 

体臭・口臭にお悩みの方におすすめの体臭サプリ
おすすめの記事